ゆるむ自分になる♡れなの子宮セッション

ゆるんで、ゆるす。
自分を甘やかし、
女性性を受け入れられる自分になる

子宮セッション

女性性を受け入れ、もっと自分を愛せる自分に

「女らしくすることに抵抗がある」
「女っぽくしている人が苦手」
「自分にとって”女性性”が自分にとってキーワードな気がするけど、どうやって受け入れたらいいの?」
「自分の甘やかし方がわからない」
「もっとパートナーに愛されたい・・・」

 

認められたくて、愛されたくて、がんばってがんばって、男性と同じようにがむしゃらにやってきて。でも、なんだかいつも「これでいいのかな?」って不安がある。

本当はもっと、自分を愛してあげたい。
自分を甘やかしてあげたい。

でも、その方法がわからない。

そんなあなたは、女性性を受け入れてみることが、変化のきっかけになるかもしれません。

人はみんな、自分の中に「男性性」と「女性性」をもっています。

ゴールに向かって結果を求めすぎたり、思考を使いすぎたり、男性と同じように一人で頑張らなきゃ・・・と無意識にいつも力が入っているひとは、そのバランスが、男性性に偏りがち。その結果、無意識に自分の中の女性性を否定してしまっているのかも。

女性性って、スカートはいたりメイクしたり、単に見た目を女っぽくするとかじゃなくて、もっともっと、内側から溢れるもの。その根っこは、あるがままの自分を認める、という究極の自己肯定。

ゆるみたいけど、ゆるめないじぶん
過去に縛られてるじぶん
思考にとらわれているじぶん
つい「〜べき」って考えてしまうじぶん

そんなじぶんが変化するキッカケが、女性性を受け入れることなのです。

子宮をゆるめて、自分をゆるめる

子宮は第2チャクラ(チャクラ=エネルギーの出入り口)の周辺。
チャクラヒーリングを行う中で、下の方の第1・2・3のチャクラ(本能的:生きる、楽しい、喜び、自分が好き、など)が回ってない人が多いな、と感じることが、多々ありました。

特にがんばりやさんの女性は、子宮周辺の第2チャクラが、共通して弱い。

子宮は感情がたまる臓器。
我慢しやすい人は子宮の病気になりやすかったり、男性性を使いすぎてる人は生理痛が酷かったりと、身体の症状にも現れます。

子宮をゆるませてあげると、溜まっていた感情が開放され、ネガティブなエネルギー(怒り、かなしい、許さない、など本当は欲していない気持ち)を手放していくことができます。

そうすると、気持ちがどんどんゆるんで、自分自身に優しくなれたり、自分を許してあげられたり、がんばらなくていい、愛がいっぱいある、自然のあるがままの姿、状態になっていくことができるのです。

カラダがゆるむから、こころがゆるむ。
カラダがゆるむから、自分をゆるせる。
カラダがゆるむから、美しくなる。

うっとりしたり、つやっとしたり、うるっとしたり。
本来あなたが持つ、女性らしい美しさと輝きが溢れでてくるようになります。

セッションの流れ(2〜3時間)

  1. お悩みに関して、ゆっくりお話をお伺いします
  2. 服を着た状態で横になり、子宮をヒーリングしていきます
  3. 呼吸を使ったり、声を出して、体を開放し、ゆるんでいきます

 

※ 基本は対面セッションになります
※ 何度も受けていただくことで、心とカラダがゆるんでいきます

お客様の声

昨日の帰り道から、生まれてきてよかった〜、生んでくれたお母さんありがと〜、って感情がものすごく湧いてきてます。子宮をヒーリングしてもらった効果かもしれない!とピンときました。

今日は今までよく頑張ってきたねって、自分に優しい言葉がたくさん心の中でかけられている日で、それだけで癒しの涙です。昨日までの苦しい、悔しい涙と違うのが分かります。

こんなひとにおすすめです

  • 女性性を受け入れられてない
  • 女性性が気になっている
  • 女性らしくすることに抵抗がある
  • 自分を愛することが分からない
  • パートナーともっと仲良くなりたい
  • ガチガチで真面目に頑張ってる
  • つい自己否定をしてしまう

詳細

日時

ご希望の日時に応じて行います。
お申込み時に、ご相談ください。

場所

都内対面(お申込み後にお伝えします)

料金

¥20,000(場所代込)

お申し込み方法

以下のお申し込みフォームからお申し込みください。

お申し込みはこちら